上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

西加奈子さんの「この話、続けてもいいですか」です。
爆発してる。思いっきし。
まるで関西の噺家の酔っぱらいが呟いてるような爆笑エッセイ。


《内容紹介/筑摩書房サイトより》
テヘランで生まれカイロと大阪で育った著者が、小説の舞台となった大阪のこと、いろんな人との関わり、日々の生活で思ったこと、こだわること、などを縦横無尽に語る。『ミッキーかしまし』『ミッキーたくまし』をテーマ別に整理しなおし1冊にまとめた、著者唯一のエッセイ集。世界とのかかわり方、楽しみ方、その存在の強度が圧巻。小説の根っこが顔を覗かせる。


大半が自虐ネタで一人ボケと自分ツッコミではっちゃけている。
いやほとんど壊れている。関西弁から派生したほとんど意味不明の強烈なキャラ全開で語り、弾け、時には落ち込み、沈み込み、唸っている。

でもしかし、めちゃめちゃなようでいてさすがに西加奈子さんである。言葉はリズミカルであってフラフラと千鳥足で寄り道しながらも見事に流れて漂って綱渡りしてお約束にきっちりオチて、おまけにムーンサルトとトリプルアクセルを決めているみたいな素晴らしきダイナミックでスリリングな文章である。

おもろ過ぎだろ。これはもう西さんのブログもチェックしようね。
ここです → http://info.nishikanako.com/
読んでいてとっても快感な、おなかを直撃する抱腹エッセイでした。
ぁああ楽しい。

 にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

2012.03.13 | 西加奈子 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://patchxpatch.blog.fc2.com/tb.php/9-b88a868e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。