上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

山本幸久さんの「シングルベル」です。
婚活モノと言っていいんだと思うが、切り口は独特である。


《文庫本裏表紙より》
恋の気配すらない息子・陽一に業を煮やし、親同士のお見合いセミナーに参加した父・恵。3人の女性たちとの“出会い”を演出するも…。次々と飲み友化していく彼らは果たして結婚までたどりつくのか?
4年後を描いた書き下ろし短編「ハンドベル」を文庫化にあたり収録。

山本幸久さんの作品には、だいたいいつも同じような感想が浮かんでくる。

とにかく圧倒的に読みやすい。
抵抗をほとんど感じず、心地よくただただ読み進めていける。
どんな悩みを抱えていても、憂鬱な気分の時でも、山本作品を開けば、その世界にすんなりと入っていける。

平和だ。平穏な気持ち良さだ。
途上人物がだいたいみんな愛すべき悪気のないキャラクターを備えており、安心してその世界に浸っていられる。

私にとっては、救いの本と言っていい。
無理のないストレス解消の待避所である。
いざというときのために、まだ読んでいない山本幸久作品をいつも手元に確保しておきたいものだ。

読んでるときの印象はいつも同じような感じなのだが、何冊読んでも、飽きることははない。それぞれにちゃんと楽しめる特徴を有しているのである。

今回も30代の独身の息子と娘たちに対して、親や叔母や姪や周りの関係する人たちが、ドタバタと好き勝手に動き回り、画策し、彼ら彼女らを引きずり回しつつき回し、それでもなんだかみんな双方に楽しんでいるようで、微笑ましい。

シングルベルとは、「一緒にいる相手もいなく、一人でクリスマスを迎えること」を意味するのだと思うのだけど、そういう悲壮感とか孤独感とかそんな感じはこの中にはあんまりなくて、それなりにみんな平和でささやかな人間関係を構築しているところがこのお話の良さなのだろうし、過剰なお節介も含めて人とのつながりのあったかさがしっかりと物語を包み込んでいる。

 にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

2012.07.06 | 山本幸久 | トラックバック:(0) | コメント:(3) |

気軽に読んで、身軽な気持ちになれそうで、いいですね。
前回紹介されていた本とあわせて、こういう作家さんも良いかも?と
興味が出ました。
ホッとする系統のものが好きな母に勧めたいとも思いました。

最近は過激なもの、いびつなものが「個性派」と持て囃されがちですが、
そんな慌ただしい世相にあってこそ、
日常生活に寄り添うような「癒し系」の本が
一冊手元にあると良いですよね。

私は本も好きで音楽も好きなのですが、音楽もそうやって使い分けています。
普段は刺激的で個性の強い洋楽ロックなどが好き。
でも、ゆったりとジャズや流行の邦楽ポップスを聴くこともある。
疲れているときはなおのこと。
肉と野菜みたいなもので、バランスを取るのが大事ですね。
夏バテ防止には野菜が欠かせないみたいに、
気持ちをニュートラルに保ってくれるアイテム、刺激物より大切かも。

2012.07.08 00:14 URL | 燃える朝やけ #- [ 編集 ]

私も本は、かなり使い分けて読んでます。
何冊も並行読みするので、本当に楽に読めて癒されるものや、
知的刺激を満足させてくれるもの(これを読んでいると言うだけでなんか知的な気がしちゃうもの)や
ぐさりと気持ちの奥に刺さってくるものや
いろいろなものを気分と体調とシチュエーションによって
使い分けて読んでます。

そんななかで、山本幸久さんの作品は、かなり貴重な存在です。

2012.07.08 01:15 URL | patch #- [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2013.03.15 23:55 | # [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://patchxpatch.blog.fc2.com/tb.php/62-1359619a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。