上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

辻村深月さんの「ツナグ」です。

《新潮社HPより》
この喪失は永遠に取り戻せないのか――あなたが再会したい人は誰ですか?
もしOKしてくれたら、絶望的な孤独から私を救ってくれた「あの人」に、ただ一言、お礼が言いたいんです――。たった一人と一度だけ、死者と生者を再会させてくれる人がいるらしい……。大切な人を失った後悔を抱えながら、どう生きればいいのか。誰もが直面する苦悩に真っ正面から挑んだ、著者渾身の連作長篇ミステリ!


紹介文に、「誰もが直面する苦悩に真っ正面から挑んだ」と書かれているように、人間の心の深いところを描こうとした意欲的で奥深い作品だ。

ミステリと書かれていて、「死者と一度だけ会える」という神秘的で不思議な事象を扱ってはいるが、謎とか推理とかそういう部分はあまり(重要では)なくて、人間の深層のところを、人と人との関係の中で感じ合い、誤解し合い、すれ違い、理解し合う微妙な感情を描いている。

さすがに辻村さんの作品だと言えば、そのとおりだと思うのだが、私の読後の印象としては、そんなにグッとは気持ちの中には入ってこなかった。
強い印象は残ったし、お話も面白くはあったが、これまで読んだ辻村さんの作品のようなジンと余韻が残る素晴らしい読後感は少し薄かったように思う。

最初の二話は、テーマはわかるのだが、依頼者の苦悩のところが少し極端な思考のせいか、あくまでも私の考え方のせいか、あまりしっくり来なかった。なにか感情のまどろっこしさみたいなモノが邪魔をしてどうも共感できないでいた。

後半の三話は、展開にメリハリがあってズンズン読み進めていけたが、予想した通りに展開し、いろいろな部分であまりにもお話ができすぎている感じがして、感情移入があまりできなかった。
依頼人や使者の感情の動きとか思いの揺れとかそういうものが、全体に説明しすぎていて、もう少し読者にゆだねて欲しいと感じた。

なんか、低評価な印象を与えるレビューになってしまっているが、大好きな辻村深月さんの作品だからこその感想であって、十分に魅力的な作品だったし、映画化されるそうだが、映画にしたら面白いだろうと期待している。

 にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

2012.06.30 | 辻村深月 | トラックバック:(1) | コメント:(0) |












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://patchxpatch.blog.fc2.com/tb.php/60-06022623

まとめtyaiました【「ツナグ」 辻村深月】
辻村深月さんの「ツナグ」です。《新潮社HPより》この喪失は永遠に取り戻せないのか――あなたが再会したい人は誰ですか?もしOKしてくれたら、絶望的な孤独から私を救ってくれ...

2012.06.30 10:26 | まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。