上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

サイモン・シンさん(青木薫訳)の「フェルマーの最終定理」です。
数学ノンフィクションをベストセラーにしたこと自体が貴重な作品だ。


《文庫裏表紙より》
17世紀、ひとりの数学者が謎に満ちた言葉を残した。「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」以後、あまりにも有名になったこの数学界最大の超難問「フェルマーの最終定理」への挑戦が始まったが―。天才数学者ワイルズの完全証明に至る波乱のドラマを軸に、3世紀に及ぶ数学者たちの苦闘を描く、感動の数学ノンフィクション。


まずもって、ピエール・ド・フェルマーってのはくせ者だ
「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」などと、思わせぶりで挑発的な謎かけを仕掛け、後の数学者たち(当時の数学者たちもだが)を手玉に取ってしまった。

それもフェルマーは、裁判所に勤める役人であり、アマチュア数学者であった。趣味で数学をやっていたのだが、いろんなエピソードからもその天才ぶりはよくわかる。
そして、「こういう命題(定理)を証明した」と著名な学者たちの手紙を送りつけたりするのだが、証明自体は書き残さない。書物の余白などにヒントめいたものをメモったりするだけだ。

で、フェルマーが提示した様々な定理を証明すべく、名だたる数学者たちが取り組んでいくのだ。そして、最後の最後に残った誰も証明できなかった定理が「フェルマーの最終定理」と呼ばれることになる。

フェルマーの最終定理とは、

 nが2より大きい自然数であれば
  Xのn乗+Yのn乗=Zのn乗
 を満たす、自然数X、Y、Zは存在しない


といういたってシンプルな定理であり、命題である。

これが、三世紀以上にわたって数学者たちの挑戦を退けてきた超難問だなんて、それだけでも数学というものの奥の深さというのか、不思議さというのか、世俗を超越した独自の世界観というのか、数学って(その中でも特に数論ってのは)なかなかに変だということが存分に感じられる。

本作は、1995年アンドリュー・ワイルズによってフェルマーの最終定理が証明されるまでの三百五十年の数学者たちの挑戦を、数学の歴史や社会背景、関係する数学者たちの人物像にまで光を当てて紐解いた数学ドラマである。

定理とそれを解くための理論など、数学に関する説明がたくさん出てきて、なかなかに手強い。読むのに疲れるし、時間もかかるのだが、でも読まされてしまう魅力が充満している。

特に、冒頭から「謎をかける人」フェルマーに関するところやピタゴラス教団などの話は大変に面白い。この時代ならではの社会背景が数学というものに与えた影響、数学が社会に与える影響などが、数学の神秘と絡んで興味深い。

中盤は、オイラーをはじめとする著名な数学者たちの挑戦が少しずつ積み上がっていく様が描かれていて、これだけ多くの学者が取り組んできたのだということは認識できるが、読み物としては少し退屈な部分かもしれない。

終盤にはいると、何人かの日本人が登場してきて、また面白くなってくる。
フェルマーの最終定理の証明において、「谷山=志村予想」は強大な威力を発揮するのだ。フェルマーの最終定理の真偽は「谷山=志村予想」が証明できるかどうかにかかっているという。
そのうちの谷山豊が自殺をしたという衝撃的な事実も重なり、この二人の日本人の登場が、本書のなかの際だった存在となる。

世界最大の難問フェルマーの最終定理を証明して見せたのはアンドリュー・ワイルズであり、彼に報道も名誉も集中したわけだが、それを支えていたのは何人かの日本人の功績であったのは感慨深い。

特に、フェルマーの最終定理が証明されたからといって、何かが変わるわけではない。
それよりも実は「谷山=志村予想」が証明されたことの方が、数学にとっても、実社会への貢献ということでも、意味が大きいのだということがしっかりと書かれていて、そのことが驚きであった。
著者のサイモン・シンは、よくこれだけのもの書いたものだと、ただただ感心させられた。

フェルマーの最終定理のようなシンプルな命題に魅了される数学者たちに、何か不思議な感覚を覚える。そして、そういう純粋な何かに没頭できる数学者なる立場が羨ましいような気がしてしまう。

 にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

2012.06.17 | サイエンス | トラックバック:(1) | コメント:(6) |

もしも、ノーベルが恋人を数学者に取られる事がなく、ノーベル賞に「数学賞」があったなら、
ほとんど日本人受賞者で埋め尽くされるだろう。
そう言った人がいたようです。

江戸時代の「算術絵馬」も面白いですよね。

2012.06.18 13:10 URL | しのぶもじずり #em2m5CsA [ 編集 ]

先祖代々、文系の僕ですが―
これは「買い」ですね
これを書き終えたら、某川サイトで注文します!
今後もpatch様の素晴らしい本紹介を愉しみにしております

2012.06.18 20:58 URL | 十二月一日 晩冬 #- [ 編集 ]

へぇそうなんですか。数学賞がない理由って。
この本でも、再認識させられましたけど、日本の数学界ってのは、凄いんですね。
「算術絵馬」って「天地明察」に出てきましたね!

2012.06.19 01:34 URL | patch #- [ 編集 ]

先祖代々文系なんですか(^。^)
これは、面白かったですね。サイモン・シンさんってすごいサイエンスライターですね!

2012.06.19 01:36 URL | patch #- [ 編集 ]

こんばんは!

私もこの本が大好きです。ピタゴラスの話から、ガロアの群論やゲーデルの不完全性定理の話まで出てきて、これだけの数学の物語をまとめあげたサイモン・シンの力量は素晴らしいと思います。

個人的には、フライの楕円方程式の節が一番興奮しました(^^)

2012.06.23 22:21 URL | まさ@1962 #mQop/nM. [ 編集 ]

サイモン・シンさんって、他の著作もそうですが、すごいライターさんですよね。

数学の世界がこれほど詳述しながら、一般の我々にもわかるように書くなんてワザは、そうとうな数学の理解と筆力がないとできないですよね。

2012.06.24 08:53 URL | patch #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://patchxpatch.blog.fc2.com/tb.php/58-7195d956

まとめtyaiました【「フェルマーの最終定理」 サイモン・シン】
サイモン・シンさん(青木薫訳)の「フェルマーの最終定理」です。数学ノンフィクションをベストセラーにしたこと自体が貴重な作品だ。《文庫裏表紙より》17世紀、ひとりの数学者が

2012.06.20 10:21 | まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。