上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

伊坂幸太郎さんの10作目の書き下ろし長編「夜の国のクーパー」です。


《東京創元社HPより》
この国は戦争に負けたのだそうだ。占領軍の先発隊がやってきて、町の人間はそわそわ、おどおどしている。はるか昔にも鉄国に負けたらしいけれど、戦争に負けるのがどういうことなのか、町の人間は経験がないからわからない。人間より寿命が短いのだから、猫の僕だって当然わからない──。これは猫と戦争と、そして何より、世界の秘密のおはなし。どこか不思議になつかしいような/誰も一度も読んだことのない、破格の小説をお届けします。ジャンル分け不要不可、渾身の傑作。伊坂幸太郎が放つ、10作目の書き下ろし長編。


あとがきで伊坂さんが大江健三郎さんの「同時代ゲーム」について触れている。「同時代ゲーム」は、とても懐かしい。村であり、国家であり、小宇宙であるそこは、創造者であり破壊者である巨人が立ち会っているその構図がなんとも魅力的で衝撃だった記憶がある。

そんなずいぶんと薄らいでしまった大江作品の印象を少し引摺りながら、本作を読んでいた。登場する人物やクーパー、ネーミングなども何か共通する匂いを感じる。

最初の猫が語り出す10頁、いや妻に浮気された男が突如登場する20頁くらいか、さすが伊坂さんと思わせる入り方で興味をグイッと引き寄せられる。
ああ、これはやっぱり面白いんだろうという期待感が脳を刺激する。

だが、ここからは正直に言うとちょっと退屈になってくる。面白くないことはないし、不思議でファンタジックな世界が描かれていて興味はそそるし、小さな国の都市空間や登場人物(動物も)のキャラクターなども映像的に想像すると魅力的なのだけれど、何かいつもの伊坂作品に溢れるワクワクした次へ次へと読み急いでしまうような推進力が湧いてこない。

妻に浮気された男が猫に語るところでちょっとホッ一息つき、また、話言葉の中に猫らしい感覚とか潜り込ませてあってニンマリしたり、猫と鼠のくだりあたりはなかなか面白くてリズムが出てきたりするのだけれど、主軸の小さな国と鉄国のお話が途中どうも私には退屈に感じられた。

でも、さすがに終盤の展開は唸らされるものがある。
いくつも貼ってあった伏線が回収されはじめると、そのスピード感と勢いに翻弄されながらも、いろんなこともつながり納得感が湧いてくるし、そこに何か優しくて穏やかな、でも強い思いが感じ取ることができて、結局のところ読後感はたいへんに心地よいものだった。

 にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

2012.06.11 | 伊坂幸太郎 | トラックバック:(2) | コメント:(0) |












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://patchxpatch.blog.fc2.com/tb.php/55-6ec05074

まとめtyaiました【「夜の国のクーパー」 伊坂幸太郎】
伊坂幸太郎さんの10作目の書き下ろし長編「夜の国のクーパー」です。《東京創元社HPより》この国は戦争に負けたのだそうだ。占領軍の先発隊がやってきて、町の人間はそわそわ、お

2012.06.11 03:13 | まとめwoネタ速neo

-
管理人の承認後に表示されます

2014.01.11 14:42 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。