上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

安部公房さんの「R62号の発明・鉛の卵」です。
昭和30年前後に書かれた12編の短編集。

《文庫本裏表紙より》
会社を首にされ、生きたまま自分の「死体」を売ってロボットにされてしまった機械技師が、人間を酷使する機械を発明して人間に復讐する『R62号の発明』、冬眠器の故障で80万年後に目を覚ました男の行動を通して現代を諷刺した先駆的SF作品『鉛の卵』、ほか『変形の記録』『人肉食用反対陳情団と三人の紳士たち』など、昭和30年前後の、思想的、方法的冒険にみちた作品12編を収録する。


安部さんの作品には、境界をわからなくするものが多い。本書の中にもいくつも境界を曖昧にして、あるいは境界を意識せずにその間を行き来するものが見受けられる。
安部さんは、動物、植物、物体と人間との境界を事も無げに越えていく。あるいは、生と死の間、観念と物質、肉体と意識の間もするりと移り変わる。

「R62号の発明」では、自殺願望を持った機械技師が自らの命を秘密組織に売って、ロボットに改造されるが、そのロボットは人間を酷使する機械を発明して人間に復讐する。人間と機械(ロボット)とはここでは同列に扱われ、現代の合理主義への皮肉が込められながらも、単なる人間対機械といった構造ではない関係が実に自由きわまりない。

「犬」では、人間と犬の壮絶な戦いが繰り広げられる。犬は、犬であったり犬の姿のまま人間のように進化したり、自由奔放に能力を変えながら人間を翻弄する。

「棒」では、人間の棒(物質)への変形・変体と人間が道具化することの疎外感のようなものが描かれている。

「盲腸」は、人間と動物の融合であり、「鉛の卵」は、人間と植物の融合による進化を描いており、それによって人間の意識や思想が影響を受けていく。これまで人間が当たり前だと思っていた観念が、動物や植物と融合することでどうなっていくかを検証しているかのようで興味深い。

「変形の記録」「死んだ娘が歌った‥‥」は、生と死の境界を越えて、死者を生者のようにあつかったり、観念の固まりとなって物体としての体や生者の側を見たりする。この2つの作品は、戦後の日本社会が抱えた問題とも絡み合っていてその社会性も見逃せないのだが、安部さんの手にかかれば、単なる社会問題の提起や記録という域を大きく越えた文学的作品へと昇華する。

こうした境界を越えていく手法は、安部さんの発想の自由さから来るのだろうか。私たちの想像力をぶっちぎったその発想は、既成概念を当たり前のように溶かしてしまう力がある。

12編の中では、「鉛の卵」と「人肉食用反対陳情団と三人の紳士たち」が、私には面白かった。どちらもシュールな会話がポイントだ。

「人肉食用反対陳情団と三人の紳士たち」は、人肉食主義者の三紳士とそれに反対する団体代表の押し問答である。人肉食に反対する武器は“道徳”であるのだが、紳士たちに道徳は全くもって通じないのである。人肉を食用とすることが何故いけないのかという根本がさっぱり理解できないのだ。この問答のシュールさは、合理主義の行きつく先の狂気のようなブラックユーモアを感じさせて大変に面白かった。陳情団の代表がなぜか気の弱いところがなんだかまた笑えるのだ。

「鉛の卵」は、1987年に冷凍保存された一人の学者が100年後に出てくるはずが、何かの間違いで80万年も経ってしまって出てきたというお話。そこには高度な文明を持つ緑色の現代人がいて‥‥。古代人と植物化した現代人のやりとりが、いかにも人と植物との間で感覚がずれていて笑ってしまう。価値観の転換や立場のひっくり返りがあって作品としても大変に面白い。

 にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

2012.05.12 | 安部公房 | トラックバック:(1) | コメント:(4) |

こんにちは!
確かにって感じです。言われてみれば―
安部さんの作風と云いますか、その出入り・・・深層心理の上下に近いですかね。何かうまく言えませんが(汗)
この作品は未読なので、さっそくアマゾンに注文しました^^

2012.05.14 14:51 URL | 十二月一日 晩冬 #- [ 編集 ]

安部さんの作品を読んでもらえると嬉しいです。

初期の頃の安部さんの作品は、ほとんど短編ばかりですが、
まだ、文学作品として長編化していく前の発想が中心であったり、
人間の心理の追究であったり、なにかしら実験的な要素が含まれている気がします。

2012.05.14 15:59 URL | patch #- [ 編集 ]

こんにちは

いろいろなジャンルの本をよく読まれていらっしゃいますね。
今はすっかり読書から遠ざかっていますので、うらやましく思います。

安部公房さんの作品はかなり昔に「砂の女」くらいしか読んでいませんが
海外でもとても評価されているようですね。

生きていらっしゃれば、ノーベル文学賞に一番近い作家だったと
選考にかかわったノーベル財団の方がインタビューで裏話をなさっていたのが印象的でした。

2012.05.16 13:37 URL | えっせいよ #MkgAoDiE [ 編集 ]

コメントありがとうございます。
本は現実逃避の逃げ場のようなところで、いつも避難しています。

安部さんは、最も尊敬する人なので、常に何かを読んでいる感じです。

えっせいよさんのブログは、よく拝見してますが、いろんな話題をいろんな切り口で、毎日よくサラリと書かれているなぁと感心しています。

2012.05.16 22:58 URL | patch #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://patchxpatch.blog.fc2.com/tb.php/48-2f140cd6

まとめtyaiました【「R62号の発明・鉛の卵」 安部公房】
安部公房さんの「R62号の発明・鉛の卵」です。昭和30年前後に書かれた12編の短編集。《文庫本裏表紙より》会社を首にされ、生きたまま自分の「死体」を売ってロボットにされてしまっ

2012.05.12 15:15 | まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。