上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

「趣味は?」と聞かれたら、「本を買って置き場に悩むこと」と答えている。

事実、自分の書斎には、ずいぶん前から本を並べるところがなくなってきていて、なのについつい買ってしまうので、本当に本に埋もれてきている。
だが、この、本が本棚からはみ出しながら(物理的な話)眼前に迫ってくる様がまた良いのだ。なんだか本たちに切実な眼差しで見つめられているようで、どうにも心地よい。

なぜなのか。

それは、この本たちが、たぶん自分自身の投影だからだろう。
自己分析してみると、自分は「こういう本を読んでいる読書好きな奴だ」ということに、なんとはなく陶酔しているのだと思われる。
私の書斎に家族以外の人が来ることはほとんどないので、どう考えても、この本たちは、自分に見せているのだと理解する。

内田樹さんが、著書の『街場のメディア論』で同じようなことをおっしゃっていた。
内田先生曰く、「自分の本棚は僕たちにとってある種の「理想我」だからです。『こういう本を選択的に読んでいる人間』であると他人に思われたいという欲望が僕たちの選書を深く決定的に支配しているからです。だって、書棚に並んだ本の背表紙をいちばん頻繁に見るのって、誰だと思いますか。自分自身でしょう。自分から見て自分がどういう人間に思われたいか、それこそが実は僕たちの最大の関心事なんです。」

強く同意!そうだよ、本は本棚に並べるために買うのだよ。
さすがに、我らの想いを美しく論理的に語ってくれる。
本棚に並んだ本の背表紙を一番頻繁に見る自分に向かって、「自分がどういうものを読む人間に思われたいか」そういう自分の願望が本棚には表れている。
選書と配架におのれの知的アイデンティティがかかっているのだ。

内田先生はこうもおっしゃっている。「電子書籍について論じるときに、誰ひとり「書棚の意味」について言及しないことです。(中略)だって、本といったら『書棚に置くもの』でしょう。でも、電子書籍は書棚に配架することができない。」

その通り。私も、電子書籍は、原則買わないだろう。私にとって本は読むだけのものじゃなくて、本棚に並べるもの(実際は並び切れてなくてあちこち積んであるのだが)でもあるのだ。

まあ、紙の感触とか、手触りとか、装幀とか、紙に印字された活字の印象とか、そういったものが無性に好きだという好みの問題も当然あるのだけれど。でも私が紙の本を買うのはそれだけではない、なんとも奥深い自我の根源的な意識がはたらいているのだ!と納得して、今日も置き場に悩むのである。

【関連記事】現実逃避と並行読みの読書

 にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

2012.04.29 | 本と読書について | トラックバック:(0) | コメント:(10) |

勝手ながらリンクさせてもらいました。
非常に興味深い書評。電子書籍の味気なさ・・・激しく同意です。
度々、ご訪問させてもらいます

2012.04.29 16:33 URL | √505 #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます!
紙の本を慈しむ気持ちが通じる人は嬉しいです。

こちらもリンク貼らせていただきますのでよろしくお願いします。

2012.04.29 16:56 URL | patch #- [ 編集 ]

寄っていただいたようです。
お礼に伺いました!

ご本の中で暮らしているご様子、御満足でしょう?

同病、相憐れむかな――。   あはは。

2012.04.29 22:19 URL | cosmos #- [ 編集 ]

はじめまして・・オンリーです。本がお好きとか。いいですねぇ本は。僕は、最近は図書館がよいです。画材にお金もっていかれるので。。残念。でも面白そうないい記事ですね。

2012.04.29 23:35 URL | ONLY NOTE #- [ 編集 ]

cosmosさん
ブログ拝見しましたが、なんかとても深い記事を書かれていますね。

本に埋もれて出てこられなくならないようにしたいとは思います。

2012.04.30 01:17 URL | patch #- [ 編集 ]

オンリーさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

図書館も好きです。本屋も古本屋も好きですが。
どうぞよろしく。

2012.04.30 01:23 URL | patch #- [ 編集 ]

初めまして。
よっていただき、ありがとうございます^^

私も本が大好きで、本棚からはみ出て床に大量につまれてます。
「自分がどう見られたいか。」という視点で本を買っているという意見、目からうろこでした。私は本にカバーをかけたまま本棚に置くことがあるのですが、そいいう本は悩み系の本が多いです。
自分しか見ない部屋で不思議なことをしていると思っていたのですが、「人にどう見られたいか」ということを聞いて自分の行動に納得できました。

ちなみに私も電子書籍は買ったことありません。
本で手にとって読むのが一番しっくりきますよね♪

本大好きなのでまた遊びに来ますね~。

2012.04.30 04:22 URL | しろねこ #- [ 編集 ]

しろねこさん。こんにちは。

もっとりっぱな本棚がほしいなと思うこともあるのですが、
また、苦労しながら本を並べたり積んだり重ねたりしているのも
なんだか好きなんですね。
自分なりに、何を見えるように置くかとか、意識しているようだし。

電子書籍は、小さい頃から画面に慣れている今の子どもたちだと
感覚が違ってくるのかもしれませんね。

よろしくお付き合いください。


2012.04.30 11:47 URL | patch #- [ 編集 ]

初めまして、こんにちは。

私も本好きです。
やっぱり本は紙ですよね。
電子書籍は電子画面なので目が疲れますよ。

2012.05.06 14:28 URL | tokoton #- [ 編集 ]

tokotonさん。こんにちは

本好きな方とお知り合いになれると嬉しいです。
どうしても紙の本が自分には馴染みますね。

2012.05.06 16:15 URL | patch #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://patchxpatch.blog.fc2.com/tb.php/42-bc9835af

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。