上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

瀬尾まいこさんの「僕らのご飯は明日で待ってる」です。
教職を辞されてから発表されたはじめての作品でしょうか。


《amazon内容紹介》
葉山イエス。イエスはあだ名。何に対しても心が広い、キリストのような奴だから。でも実際は、人に対して無関心だっただけ。趣味(?)は黄昏と自分探し。
上村小春。唐揚は苦手だけど、ケンタッキーは好き。ポカリ派。自分をしっかり持っていて、決めた事は覆さない。でも、おばあちゃんの言葉は日本国憲法より重い。

流されるがままの男子と、頑なまでに我が道を進む女子。ちっともイマドキでもなければ情熱的でもない高校生の二人は、体育祭の競技“米袋ジャンプ”がきっかけで付き合う事になった。大学に行っても、“恋愛”と言って良いのか分からない淡々とした関係を続ける二人だが、一つだけ自信を持って言えることがある。それは、互いを必用としている事。
でも人生は、いつも思わぬ方向に進んで行き……。
笑って、泣いて、じんわり温かい。読者の心に春を届ける、著者の魅力がぎゅっと詰まった優しい恋の物語。


何がこれほどまでに、愛すべきキャラに仕上げているのだろうか。

高校生の時は暗くていつも黄昏れていた主人公のイエス。自分をしっかり持っているが、何事にも歯切れが良すぎて優しいんだか冷たいんだかよくわからない上村。二人とも、一風変わった性格なのだが、読んでいるとなんだかかわいくてほっこりしている。ついニンマリしてしまい、心がほぐれる気がする。

今回の作品でも、いつも変わらない瀬尾さんの登場人物への温かな眼差しが感じられる。そう、瀬尾さんの作品を読むと感じるのだが、登場人物のタイプは違っていても、いろんな人のいいところを見つけようとする幸せな視線が常に働いていて、それが物語全体の優しさを育んでいる。

二人は恋愛のようなお互いを理解し合う関係を築いていくのだけど、その二人の会話は実に淡々としている。そっけないと言ってもいいくらいに、くどくない、さらっとした小気味いい会話が本作の芯をなしているのだ。

そこには、「ポカリ」とか「ケンタッキー」とか「浅見光彦」とか「東京ウォーカー」とか「日本国憲法」とか、なにやらキーワードが散りばめられてところどころでキラキラ光ってアクセントになり弾んでいるし、何度も唐突な展開に振り回されるのもなぜか心地よい。

難しい言葉は全然でてこなくて、頭にスーと入ってくる。こんな会話のリズムと独特の質感、キーワードと穏やかな揺さぶりに乗せられて、読者の二人への愛着はじわじわ高まっていくのだ。

瀬尾さんの文章の凄いところは、二人の気持ちの奥にある何か大切なものをサラリとシンプルな会話に載せてしまっていることだ。それは、読むのにほとんど力を要しないのだが、確かに感じられる。それがいい。

だから、瀬尾さんの描く世界にいるとホッとする。読み手もそこに受け入れられているように、当たり前のように物語の世界に馴染んでいくのだ。

 にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

2012.04.27 | 瀬尾まいこ | トラックバック:(1) | コメント:(0) |












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://patchxpatch.blog.fc2.com/tb.php/41-a303db10

-
管理人の承認後に表示されます

2013.08.30 15:08 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。