上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

荻原浩さんの「オイアウエ漂流記」です。

《文庫本裏表紙より》
南太平洋の上空で小型旅客機が遭難、流されたのは……無人島!? 生存者は出張中のサラリーマンと取引先の御曹司、成田離婚直前の新婚夫婦、ボケかけたお祖父ちゃんと孫の少年、そして身元不明な外国人。てんでバラバラな10人に共通しているのはただひとつ、「生きたい」という気持ちだけ。絶体絶命の中にこそ湧き上がる、人間のガッツとユーモアが漲った、サバイバル小説の大傑作!


長い。

無人島での数ヶ月(?)にわたる生活なのだから、長く感じるのは正解かもしれないが、正直、中盤は長くてやや退屈でなかなか読み進まない感じがしてしまった。

700頁近くに及ぶ大作だし、読み応えがあると言えばそうなのかもしれないが、途中、少し飽きちゃった感が否めない。

遭難のシーンのドタバタや流れ着いた後のいろんな発見が連続するシーンが終わり、登場人物のキャラクターが掴めてきて落ち着いてくると、無人島での生活は、ある意味でシンプルであり、生きるために身を守り、食物を得るために工夫して、ただただ日々を暮らしていくのだから、退屈な印象を持ったことは、リアリティのある描き方だからかもしれない。

サバイバル小説としては、火をおこし、水を求め、食物を探す様子は、実に細部まで丁寧に描かれていて、真実味もあり、よくまあ南太平洋の無人島のことをここまで書けるもんだと感心する。

また、毎日が死と向かい合った最初の頃の緊迫感から、だんだんに無人島での生活になれていく様は、感覚としてそれが伝わってくるくらいに実に良く描かれている。

最後まで機長のことが気になってしまった。それだけでもやっぱり自分は平和に生きていて、しかも精神的に軟弱だなあと感じ入ってしまう。

いろいろなキャラクターが織りなすドタバタサバイバル小説だったが、誰しも、求められると適応し、能力を発揮するものだと実感する。
しかし、実のところ、私は、遭難でメガネが吹っ飛んだ時点で、役に立たなくなるんだろうなと(それくらい極端に視力が低いのだが)それが気になって仕方がなく、読んでいてもこの無人島生活になんとなく参加しきれなかったのだった。

 にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

2012.07.14 | 荻原浩 | トラックバック:(0) | コメント:(1) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。